バイナリーオプションで取引する上での基本方針と心構え

投資の基本方針は3つ

はじめに、投資をする上での基本方針を考えていきます。

バイナリーオプションの場合、最初から取引条件が決まっているところに投資するというシンプルな方法なので、投資の方針もその条件の中で決めていくことになります。

まず考えられる基本方針は次にあげる3つです。

1.現在のレートと判定条件にあるレートとの差が小さい時に、円高か円安に動くと予測して投資する。
2.現在のレートと判定条件にあるレートとの差が大きい時に、円高か円安に動くと予測して投資する。
3.現在のレートがあまり動かないと予測して、それに合う条件(ワンタッチ、レンジなど)を選ぶ、もしくは投資自体を見送る。

どれを採るとしても、バイナリーオプションの場合は実行しようとする投資に合ったチケットを購入するだけです。バイナリーオプションの取扱会社ごとに取引の条件や商品の特徴が違うので、いくら投資するのか、どのタイミングなのかなどは、それぞれに合わせて考える必要がありますが、基本方針自体は変わりません。上記3つの基本方針のいずれかを選び、チケットを購入するというところは同じです。

どのタイミングで投資するのか戦略を練る

投資で大きな利益が得られるのは相場の動きが大きいときである、ということは理解されていることでしょう。

バイナリーオプションで、勝てる確率をアップし、さらなる利益を狙うためには、取引時間内のいつのタイミングで投資するのかということも重要になってきます。

バイナリーオプションでは、1回の取引の時間内でも、購入開始の頃よりも購入終了に近づく頃の方が勝率が上がるのです。

一例ですが、購入開始の時に1ドル77,500円だった場合、判定時間に77,000よりも円高になるか、購入終了の5分前に77100円だった場合に、わずか数分後に77,000円よりも円高になるか、想像してみるとどちらの確率が高いか分かると思います。

「終了間近で、目標レートが近い」
「目標レートに到達している」

ほうが「取引時間がまだかなり残っていて目標レートまで遠い」よりも勝てる確率が高いことは容易に理解できるでしょう。ただ、当然のことながら払い戻しの倍率は変わります。

購入開始から早い時点の方が払い戻しの倍率は高いのです。購入終了に近づくほど払い戻しの倍率は1倍に近くなっていくのです。

このような特徴を生かし、高いリターンを狙うなら購入開始から早い時点で、高確率で勝ちたいなら購入終了に近い時点でチケットを購入する、という手もあるでしょう。

リスクを減らし長期的に見て利益を得られるようなやり方で

バイナリーオプションは他の金融商品(FXや株式など)と比べてリスクが限られているというメリットがあります。

しかし、そうは言ってもリスクを抑えるためには注意しなければならない点があります。

まず、全てを投資してしまうというやり方は、1度の負けで資金を全部失ってしまうことにつながる、ということです。

例えば、初めに1,000円の資金を用意したとして、払い戻し倍率が2倍の取引に全部投資するとします。これが4回続けて予測が当たり、払い戻しが受けられると、その時点で1,000円が16,000円に増えているわけです。

しかし同じように5回目の投資を行い、ここで予測が外れてしまったら、資金は0円となってしまうわけです。

もちろん5回目も当たる可能性はあるでしょう。でも、このようなやり方を続けていけば、いずれは予測を外し、資金の全てを失ってしまう時がくるのです。

これを避けるためには、資金の全てを投資するのをやめることです。

払い戻しを受けたら少なくとも一部は残すようにする、もしくは投資金額を初めから限定し、資金の一部だけを投資するように決めておく、ということが大切です。

全てを投資してしまうというやり方では無茶なギャンブルと変わりません。投資の初心者には危険な方法なのです。

ハイローオーストラリアなどのバイナリーオプションで勝てないなら、Gameneさんのサイトを見る事をお勧めします。

ハイローオーストラリアで勝てないなら!

論理的且つ、アカデミックに書かれているので納得できます。

継続することでそれが力になり、しっかりとした戦略が利益を生む

無謀な取引は行わず、長く投資を続けていくことがどんな投資のも大切です。

特に初めて投資をする方は利益が少ないと思っても損失がどんどん大きくなってできなくなってしまわないように勝てる可能性の高い取引を行うべきだと思います。

購入終了のタイミング(ラストミニッツ)で払い戻しの倍率が低いチケットを買うことがバイナリーオプションでは安全策になります。

ユーロ/円やポンド/に比べ、値動きの小さなドル/円を選んだり、大きく値が動きそうな経済指標発表時などの取引はなるべく控えることが損失を抑えるコツになります。

このような戦略を行うことで、バイナリーオプションは、チャートや相場分析などの先を読むことが必ず必要なことではないので初心者の方でも手掛けやすいです。

中確率&中リターンな戦略で予想を実際に行う。

読む力を養い、中程度の売率をめざす

バイナリーオプションに少し慣れてきたら、次はもう少し上のリターンを目指します。

ここでは為替の動きや、相場の分析をしたうえで予想が当たるチケットを選ぶ戦略を紹介します。

実行するには、ある程度、チャートなどを読み取っておく力が必要になります。

なるべく早い段階でチケットを購入することで、終了時間が迫り、払い戻し倍率が下がるのを防ぎます。

とはいえあまり早くチケットを買いすぎてしまうのも、予想した相場が異なる動きをしてしまう可能性があるので気を付けましょう。

タイミングが難しいのですが、為替のトレントを確認しつつ、予想が立った時が取引のタイミングと考えましょう。